支える

寄附金の募集

ご寄附について

文化遺産を後世につなぐためには、多大な努力と経費が必要です。当財団では、皆様のご寄附を財源として、京都の文化財、伝統行事、芸能などに設立当初から50年余りの長きにわたり助成を行い、京都の文化遺産を支え続けております。
これまでにいただいたご寄附は、京都の四大行事(葵祭、祇園祭、五山の送り火、時代祭)の執行に係る費用の助成などに使わせていただいております。また、数々の文化遺産の保存事業への助成や文化財愛護思想の普及啓発活動を行ってまいりました。ぜひ、当財団の趣旨にご賛同いただき、文化遺産の保護活動等へのご支援を心よりお願いいたします。

寄附特典

ご寄附いただいた方を会員に登録させていただき、京都の文化遺産をより身近に親しんでいただくために、グッズの送付、葵祭、祇園祭、時代祭観覧のご案内、非公開文化財見学等様々なご案内を行っております。
また、ご寄付をいただいた方のお気持ちに感謝し、より深く文化財に親しんでいただくために下記のご案内を行っております。(いずれかをお選びいただけます。)

  1. 「五山の送り火記念扇子」 1本
  2. 令和4年度祇園祭前祭山鉾巡行観覧席券(1名分)
  3. 令和4年度葵祭行列観覧席券(1名分)
  4. 令和4年度時代祭行列観覧席券(1名分)

(数に限りがあるため、応募多数の場合は抽選になります。また、2,3,4の観覧席については、天候、その他の理由により中止になる場合もございます。)

ご寄附の方法

〇クレジットカード決済による寄附の場合

下記のフォームからお申込みください。

寄附フォームへ

〇納付書払い(郵便振込)による寄附の場合

払込用紙を郵送いたしますので、下記より必要事項をご記入の上、お申込ください。

払込用紙のお申込みはこちら

税制優遇措置

当財団へのご寄附には税制上の優遇措置が適用されます。所得税、法人税の控除が受けることができます。後日、寄附金受領証明書を発行し郵送させていただきます。

ご芳名の紹介・顕彰

ご芳名の同意をいただきました場合には、当財団「会報」やホームページ等にお名前を記載し、広く公表、紹介させていただきます。なお、匿名での取り扱いも可能です。
高額のご寄附を賜りました場合には、表彰し、感謝状を贈呈いたします。

遺贈について

当財団では「遺言による寄附(遺贈)」の受け入れを行っております。人生の集大成としてのご寄附を京都の文化遺産を未来につなぐ活動のために大切に使わせていただきます。提携金融機関に直接ご相談いただくことも可能です。

遺贈について

特定信託寄附について

特定寄附信託は,信託を通じた寄附の方法により公益活動を支援する、2011年度税制改正により新たに創設された寄附の制度です。
ご寄附者の意向を踏まえ,銀行に金銭を信託していただき,安定運用されることにより、将来にわたり、定期的に分割(信託元本額/信託期間年数)+当該年の利子額,運用収益等)で寄附をしていただける制度です。(提携金融機関:りそな銀行)

特定信託寄附について

会員事業について

会員事業