◇中世の史跡

■船岡山(ふなおかやま)  (国指定史跡)   
 所在地:京都市北区紫野北船岡町

  平安京造営の基準点になった山とし
 て推定されており,平安時代には修法
 や遊楽の場であったが,のちに葬送の
 場となり,室町時代には合戦場ともな
 るなど歴史的な意義をもっています。


■高山寺(こうざんじ)境内  (国指定史跡)  
 所在地:京都市右京区梅ヶ畑栂ノ尾町

  京都には,中世寺院の遺構を伝える
 数多くの史跡があります。高山寺もそ
 の内の一つで,鎌倉時代初めに再興さ
 れ現在もその当時の遺構が残されてい
 ます。


■京都大学構内火葬塚(かそうづか)
  (京都市登録史跡)
 所在地:京都市左京区北白川追分町

  京都大学構内にあり,昭和53年発見
 れたもので,平安時代後期から鎌倉時
 代の火葬地を「火葬塚」として祭った
 ものです。葬法の変遷を知るうえで貴
 重な史跡といわれています。



■その他の中世の史跡

名  称 区 分 所在地 史跡の概要

慈照寺(じしょう
じ )(銀閣寺)
旧境内
国指定
史跡
京都市左京区
銀閣寺町
足利義政の山荘跡で室
町時代の石組・建物跡
などが発見された。

妙心寺(みょうし
んじ)境内
国指定
史跡
京都市右京区
花園妙心寺町
・花園寺ノ中町
・花園大藪町
南北朝時代の創建で禅
宗本山寺院の伽藍配置
が残る。

醍醐寺境内
(栢杜遺跡かや
のもりいせき)
国指定
史跡
京都市伏見区
醍醐栢ノ森町
平安時代後期から鎌倉
時代に造営された醍醐
寺の子院跡。

平安宮造酒司
(みきのつかさ)
倉庫跡
京都市
指定史跡
京都市中京区
聚楽廻松下町
造酒司は,主に平安宮
で支給される酒・醴
(あまざけ)・酢等の
醸造をつかさどる役所
で,平安時代前期の醸
造用の米等を保管する
高床式倉庫の遺構。

8
法界(ほうかい)寺境内

京都市
指定史跡
京都市伏見区日野西大道町 11世紀半ば創建の真言宗醍醐派の寺院。阿弥陀堂(鎌倉時代・国宝)を中心とした境内は、大規模な地形改変をうけていない創建当初の姿をとどめている。
9
安楽壽院(あんらくじゅいん)境内
京都市
指定史跡
京都市伏見区竹田中内畑町

創建は鳥羽上皇により保延3年(1137)に鳥羽離宮の東殿に御堂が建立されたのに始まる。歴史の変遷の中にあっても現在も創建当初の位置に存続し、鳥羽離宮の歴史を研究する上で欠かすことができない。



☆ホームページへ