◇近代の史跡
■琵琶湖疏水(びわこそすい)(国指定史跡)   
   所在地:京都市左京区・東山区・山科区
      滋賀県大津市

  東京遷都後の明治14年京都府知事
 北垣国道は,京都に近く水量豊かな琵
 琶湖に着目し,琵琶湖と宇治川を結ぶ
 舟運と京都産業の振興を図るため,疏
 水の開削を計画。工事は,青年技師田
 辺朔郎の努力によりわが国初の技術も
 取り入れ,行われました。南禅寺境内
 にある煉瓦造・ア−チ構造の水路閣や
 当時初めての試みとして行われたイン
 クライン(傾斜鉄道)は,高低差のあ
 る蹴上(けあげ)の傾斜地に上下2本
 のレ−ルを敷き,艇架台により船を運
 ぶ施設でした。この琵琶湖疏水は,西
 欧技術が導入されて間もない時代に日
 本人のみの手によっておこなわれた最
 初の近代的土木事業として重要な意義
 をもつ貴重な史跡です。
    
    


☆ホームページへ