ここに取り上げています近代建築は,京都市域で国及び京都府、京都市の指定並びに登録を受けている文化財を紹介しています。

京の近代建築 >> 明治時代の近代建築 >> 大正時代の近代建築 >> 昭和時代の近代建築

京都市考古資料館(旧西陣織物館) (京都市登録文化財)
所在地:京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町

西陣織を陳列する西陣織物館として,本野精吾の設計により,大正3年に建築。煉瓦造3階建ですが,様式主義建築には見られない簡素な手法に特色が見られます。
旧京都中央電話局上分局(京都市登録文化財)
所在地:京都市上京区中筋通丸太町下る駒之町

逓信省技師吉田鉄郎の設計により,大正12年に建築。現在,レストラン等に活用されており,特異な外観とドイツ民家風の細部意匠に特徴があります。
西陣電話局本館(NTT京都中支店西陣営業所)(京都市登録文化財)
所在地:京都市上京区油小路通中立売下る甲斐守町

逓信省技師岩元禄(いわもとろく)の設計により,大正10年に建築。外壁を飾る裸婦のレリ−フと出入口の3本の円柱上の女性トルソ像,3階壁面のライオンの彫刻などに特徴があります。
藤井斉成会有鄰館第一館(京都市登録文化財)
所在地:京都市左京区岡崎円勝寺町

武田五一の設計により,大正15年に建築。中国美術を展示する為に建てられたことから東洋的な雰囲気が漂う建築意匠になっています。
日本生命京都三条ビル外観(旧日本生命京都支店) (京都市登録文化財)
所在地:京都市中京区三条通柳馬場西入桝屋町

辰野金吾・片岡安の設計により大正3年に建築。石張りを主とした意匠で,改築に際して,特徴のある円錘形の塔屋を含む東側1スパンが保存されました。
レストラン菊水 (国登録)
所在地:京都市東山区川端通四条上る川端町

レストランとして大正15年に建築。京都における西欧料理の草分け的な店舗で,鉄筋コンクリ−ト造,5階建ての正面に塔屋が付く。建物は表現主義を基調とし,内外に様々な新様式を取り入れて見事にまとめられています。内部は一部を除いて改装されていますが大正期の京都の新建築活動の規範的作品です。
日本キリスト教団京都御幸町教会会堂 (京都市指定文化財)
所在地:京都市中京区御幸町通二条下る山本町

ウ゛ォ−リズ建築事務所の設計により大正2年に建築。煉瓦造の平家建で,背面に講壇を張り出すほかは,ほぼ矩形の平面をした京都市内には数少ない煉瓦造の教会堂建築です。
8 京都大学基督教青年会会館(国登録有形文化財)
京都市左京区吉田牛ノ宮町

米人建築家・W.M.ヴォーリズの初期の作品で,大正2年に建築されました。大学YMCA会館としては,現存最古の建物です。煉瓦造の壁体に木造トラスを架ける構造です。外観は,モルタル塗りに意匠として木部を貼り付けて,ハーフティンバー風の意匠にしています。
9 祗園甲部歌舞練場本館,別館,玄関(国登録有形文化財)
八坂倶楽部(国登録有形文化財)
京都市東山区祇園町南側

祇園甲部歌舞練場は,「都踊り」の開催場と,舞妓・芸妓を養成する技芸学校との二つの機能を持つ施設として建てられました。本館,別館,玄関,八坂倶楽部は,大正2年に現在地に移転した際の建築です。戦前には,観劇に特等,1等,2等の区分があり,それぞれに玄関や待合等の空間を要したので,舞台客席以外に複数の建物が必要とされました。本館は舞台・客席を有する大規模な木造の舞台建築です。別館は本館の南側に接続する木造2階建の建物です。当初は1階が70畳の大広間で,1等点茶席に使われました。玄関は唐破風の車寄を持ち,当初は1等玄関として使われました。八坂倶楽部は敷地の最も奥手(南側)に建つ木造2階建ての建物です。最も庭園の眺めが良く,1階は主に特等客用に,2階の132畳の大広間は舞台座敷として使用されました。いずれもヒノキ材を使った良質な木造和風建築です。
10 大谷大学尋源館[旧本館](国登録有形文化財)
京都市北区小山上総町

大正2年に現在地にキャンパスを移転した際に建築された,大学本館です。設計は首藤勉と山本八太郎。赤煉瓦に白い御影石でラインを入れた外観です。屋根中央の塔屋は設計図面では時計台として描かれていますが,実際には時計は設けられませんでした。当初は左右対象に両翼部を持つ形状でした。
11 同志社女子大学ジェームズ館(国登録有形文化財)
京都市上京区烏丸通今出川東入玄武町

武田五一の設計による煉瓦造2階建,瓦葺の校舎建築で,大正2年に建築されました。外壁は赤煉瓦積に花崗岩による白い水平ラインを配したシンプルなデザインです。栄光館を中心に,左右にジェームズ館,静和館(現存せず)が並ぶ配置は,武田のキャパス計画によるものです。
12 京都大学文学部陳列館(国登録有形文化財)
京都市左京区吉田本町

京大営繕課の山本治兵衛,永瀬狂三の設計により大正3年に建築された,煉瓦造2階建の建物です。ブロークンペディメントや楕円形窓などネオ・バロック様式を基調にして,細部装飾にはセセッション風意匠を用いています。京都帝国大学の拡張期における代表的な建築です。
13 京都大学農学部表門及び門衛所(国登録有形文化財)
京都市左京区北白川追分町

京都帝大建築学科の助教授に着任した森田慶一が,赴任直後に設計した作品で,大正13年に建築されました。森田は東京帝大建築学科卒業を目前にした大正9年,同学科の学生5名とともに「分離派建築会」を結成していました。この建物には,放物線状のアーチなど,分離派建築会の作風を示す表現主義的な意匠が用いられています。
14 京都大学楽友会館(国登録有形文化財)
所在地:京都市左京区吉田近衛町

農学部表門及び門衛所に続く森田の作品で,大正14年の建築です。スパニッシュ様式を基調としていますが,入口部分のY字型の柱や丸屋根の庇には分離派風の表現主義的意匠が見られます。内部には「木の芽舎」を結成した森谷延雄による家具が配されていました。
15 SACRA[ 旧不動貯金銀行京都支店 ] (国登録有形文化財)
所在地:京都市中京区三条通富小路西入中之町

三条通の銀行建築として,日本建築株式会社の設計により大正5年頃に建てられました。1階が煉瓦造,2・3階が木骨煉瓦造で造られています。外観は全体としてルネサンス風ですが,細部には幾何学的な意匠を用いるセセッションと呼ばれる様式が用いられています。現在はテナントビルとして活用されています。
16 百石斎[旧田邊朔郎書斎] (国登録有形文化財)
所在地:京都市左京区浄土寺真如町

琵琶湖疏水の設計者・田邊朔郎の書斎として,大正6年頃に邸宅の一角に建てられました。鉄筋コンクリート造,2階建で,田邊自ら設計したとされています。土蔵風ですが,書斎として用いるため,小庇を設け窓を増やして採光を考慮しています。
17 密語庵(国登録有形文化財)

横浜三渓園の創設者として知られる実業家・原三渓の大番頭・古郷時侍が,蒐集した複数の建築の部材を合わせて大正7年頃に建てました。瀟洒な数奇屋住宅で,後に哲学者の和辻哲郎や画家の岡崎桃乞が居住しました。法隆寺の部材と伝えられる柱も残っています。
18 聖ヨゼフ修道院門の家,門(国登録有形文化財)
所在地:京都市北区東紅梅町

旧住友家衣笠邸の門衛所・門として,多久仁輔の設計により大正9年に建てられました。広大な敷地には洋館と和館がありましたが,戦後取り壊され,修道院の施設として門と門衛所(現門の家)のみが残っています。門の家は木造の柱を意匠的に表に表すハーフティンバー形式で,腰部分は煉瓦壁としており,煉瓦造の門と共に中世的なデザインです。
19 齋藤家住宅(国登録有形文化財)

大正後期から昭和初期にかけて,吉田山の東側斜面に谷川家によって開発された住宅群の一つです。一連の住宅群は前田巧によって設計され,同家の建つブロックは大正13年に建築されました。住宅群は,当初は借家で,入居者には京大の教官が多かったと言われます。木造2階建の和風建築で,屋根が銅板葺なため,赤銅(あかがね)御殿と呼ばれました。
20 エンマ[旧村井銀行祗園支店](国登録有形文化財)
所在地:京都市東山区四条通大和大路東入祇園町南側

たばこ王・村井吉兵衛が煙草専売後に興した村井銀行の祇園支店として,大正13年に建てられました。設計は吉武長一,施工は清水組。四条通側の外観には,イオニア式のジャイアント・オーダーが付けられています。正面外観のみを古典主義様式の外観で飾る,大正末から昭和初期の典型的な銀行建築の一つです。
21 順正・清水店[旧松風嘉定邸](国登録有形文化財)
所在地:京都市東山区清水二丁目

清水焼の窯元から始まり,義歯生産で財を成した松風嘉定の邸宅の洋館部分です。大正3年に和館、同10年頃に洋館が建てられました。設計は武田五一。外観は,洋風を基調としますが,幾層にも重なる桟瓦葺屋根に鴟尾を載せる,和風と洋風が自然に入り混じった折衷様式です。内部では3階まで吹き抜ける階段室が特徴となっています。
22 川ア家住宅[紫織庵](京都市指定有形文化財)
所在地:京都市中京区新町通三条下る三条町

綿布商・井上利助が,商談のために建てたもので,大正15年に上棟しました。大工棟梁は上坂浅次郎で,建築家・武田五一も参与しています。大正から昭和初期に普及した大塀(高塀)造と呼ばれる町家形式をとり,表側の応接棟がライト風の外観を持つ洋館になっています。和館の居住棟の2階にも洋室が設けられています。
23 大覚寺心経殿(国登録有形文化財)
所在地:京都市右京区嵯峨大沢町

嵯峨天皇の納めた紺神金泥の般若心経を納めるための建物で,大正14年に再建されました。鉄筋コンクリート造で八角円堂を建築しようとしたものです。設計は当時の代表的住宅作家だった藤井厚ニで,彼の住宅以外の作品として珍しい存在です。
24 富士ラビット(国登録有形文化財)
所在地:京都市下京区七条通新町西入夷之町

自動車販売会社の日光社の社屋として,愛仁建築事務所の設計により大正12年頃に建築されました。外観には,古典的な柱型装飾を施す一方で,社名に因み塔屋部分を太陽を象った意匠にしています。1階は自動車を描いたステンドグラスで飾られています。名称は後に富士ラビットスクーターの社屋となった際の名残です。
25 平楽寺書店(国登録有形文化財)
所在地:京都市中京区東洞院通三条上る曇華院前町

仏教関係の学術書を扱う老舗出版社。現在の建物は,からきや工務店の設計・施工により昭和2年に建築されました。登録部分である洋館店舗の裏側には木造の居住棟が接続する町家の構成をとっています。2・3階を貫くトスカナ式のジャイアントオーダーが外観の特徴です。
26 船岡温泉脱衣場,浴場,旧船岡楼,旧理髪店(国登録有形文化財)
所在地 :北区紫野南舟岡町
建築年代:脱衣場=大正12年(1923)
浴場=昭和7年(1932)
旧船岡楼,旧理髪店=大正12年(1923)頃

船岡温泉は,料理旅館「船岡楼」と附属浴場「特殊船岡温泉」として営業を始めました。脱衣場は,「特殊船岡温泉」として建てられた遺構。河原林千之助の設計,大工・佐々木長次郎の施工により大正12年(1923)に上棟しています。庇の下に唐破風が付いていますが,これは昭和3年に増築されたものです。内部には,葵祭,賀茂競馬,今宮神社祭礼,近江八景などの彫刻欄間や,鞍馬天狗の木製彫刻が嵌められています。現脱衣場と一体で,煉瓦造平屋建の浴場・釜場が建てられていましたが,この部分は昭和7年(1932)に鉄筋コンクリート造の現浴場棟に改築されました。設計・施工は清水組京都支店です。渡廊下部分の外観には旧菊水橋の欄干が移築され,渡廊下の内部には色タイルが貼られています。旧船岡楼は,旅館に用いられた木造2階建の建物で,玄関棟・主棟が,脱衣場と同様の大正12年頃,北棟部分は,昭和5年の改築です。2階には12畳の和室が3室あり,西側室には大床を設けています。旧理髪店は,木造2階建で平入屋根の正面外壁をモルタルで仕上げた看板建築です。内部には色タイルが用いられています。


旧船岡楼

旧理髪店外観

脱衣場の外観


脱衣場 1F内部



27 茂庵(旧谷川茂次郎茶苑)
旧点心席,田舎席,静閑亭,待合(国登録有形文化財)
所在地 :左京区吉田神楽岡町
建築年代:大正末期〜昭和初期

大阪で運送業を営んでいた谷川茂次郎が,茶席を催すために吉田山頂につくった茶苑の遺構で,大正末期から昭和初期にかけて建てられました。茂庵は茂次郎の号でもあります。点心席は食堂で,ここで点心を食してから,茶室へと向かいました。1階に調理室,2階に食堂を配しています。軸部や小屋組を丸太材で構成し,東側面は懸造り風の外観とするのが特長です。田舎席は,6畳の茶席,4畳半の前室,水屋などからなり,茶席は躙口を設け,壁トコを構えています。茶席から大文字如意ケ岳を臨むために開放的な造りとしています。静閑亭は,斜面地に建ち,東側は懸造りの外観です。茶席,水屋,玄関,地下室等からなります。茶席の天井は曲木を組み合わせた大胆な梁組みを見せています。装飾タイルを貼った地下室が設けられ,当初はワインセラーとして用いられました。施主の好みが反映された,近代の独創的な茶室です。待合は,山頂付近にあった本席に付属する供待で,梁組は曲木で構成されています。


静閑亭


静閑亭


旧点心席


田舎亭

待合

京の近代建築 >> 明治時代の近代建築 >> 大正時代の近代建築 >> 昭和時代の近代建築

☆ホームページへ