ここに取り上げています近代建築は,京都市域で国及び京都府、京都市の指定並びに登録を受けている文化財を紹介しています。

京の近代建築 >> 明治時代の近代建築 >> 大正時代の近代建築 >> 昭和時代の近代建築

旧帝国京都博物館(京都国立博物館本館) (重要文化財)
所在地:京都市東山区茶屋町

宮内省内匠寮技師片山東熊(とうくま)の設計により明治28年に建築。フレンチ・ルネサンス様式の煉瓦造で,表門,札売場など(重要文化財)も創建当初のものが残されています。
同志社礼拝堂(重要文化財)
所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町

同志社のキャンパスには,重要文化財の5棟をはじめとする明治時代の優れた近代洋風建築が並んでいます。その中でも礼拝堂は,シンボル的な存在でアメリカ人D.C.グリ−ンの設計により明治19年に建築。煉瓦造のアメリカンゴシック様式で,簡素なデザインに特徴があります。
同志社彰栄館(重要文化財)
所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町

宣教師で教師でもあったアメリカ人D.C.グリ−ンの設計により明治17年に建築。ゴシック様式で,京都市内に残る煉瓦造建築の最古の遺構です。
同志社有終館(重要文化財)
所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町

礼拝堂・彰栄館と同じアメリカ人D.C.グリ−ンの設計により明治20年に建築。もとは,図書館として建てられた校舎です。
同志社ハリス理化学館(重要文化財)
所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町

寄付者であるアメリカの実業家の名前を冠したもので,イギリス人A.H.ハンセルの設計により明治23年に建築。イギリス風の外観が当初のまま残されています。
同志社クラ−ク記念館(重要文化財)
所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町

アメリカ人クラ−ク夫人の寄付によりドイツ人R.ゼ−ルの設計で明治26年に建築。ドイツ風のネオ・ゴシック様式で,八角の塔屋を設けています。
旧日本銀行京都支店(京都文化博物館別館) (重要文化財)
所在地:京都市中京区三条通高倉西入菱屋町

日本銀行の京都支店として,辰野金吾,長野宇平治の設計により明治39年に建築。煉瓦造2階建で,明治時代中期の洋風建築の典型的な意匠で,装飾細部の豊かさと力強さをそなえている。
竜谷大学本館(重要文化財)
所在地:京都市下京区猪熊通七条上る大工町

講堂として明治12年に建築。木造石貼 2階建。設計者は不明で,細部装飾に和 風意匠が多く用いられています。明治時 代初期の擬洋風建築としてよくその特色 を伝えています。
京都府庁旧本館(京都府指定文化財)
所在地:京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町

京都府技師松室重光などの設計により 明治37年に建築。ネオ・ルネサンス様式。 煉瓦造2階建。現存する官庁建築として は,最も古く,意匠の優秀さとともに建 築史的価値も高い。
10 日本聖公会聖アグネス教会聖堂 (京都市指定文化財)
所在地:京都市上京区烏丸通椹木町上る堀松町

平安女学院礼拝堂として,アメリカ人 ガ−ディナ−の設計により明治31年に建 築。煉瓦積の力強い外観や美しい木造ト ラスを露出する内部意匠に明治期の教会 堂の特色をよく伝えています。
11 新島襄旧邸(京都市指定文化財)
所在地:京都市上京区寺町通丸太町上る松蔭町

同志社の創立者新島襄の私邸として,宣教医W.テーラーの助言を得ながら彼自身が設計したと伝えられ,明治11年 に建築。明治時代初期の和洋折衷住宅の 特色をよく伝えています。又,内部には 明治初期から昭和初期の家具57点が残 されています。
12 京都ハリストス正教会生神女福音聖堂 (京都市指定文化財)
所在地:京都市中京区柳馬場通二条上る六丁目

京都府技師であった松室重光の設計,監督により明治34年に建築。ロシア・ビザンティン様式の木造の聖堂として,最古の遺構といわれています。内部に残る聖障(イコノスタス)は見事です。
13 中京郵便局庁舎外観(京都市登録文化財)
所在地:京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町

逓信省営繕課の設計により明治35年に建築。ネオ・ルネサンス様式で,改築に際して屋根及び外壁の一部が保存され,近代京都の経済の中心であった三条通において,その外観は当時の雰囲気をよく伝えています。
14 長楽館(京都市指定文化財)
所在地:京都市東山区八坂鳥居前東入円山町

実業家の別荘として,アメリカ人ガ−ディナ−の設計により明治42年円山公園の一角に建築。大正4年に現在の姿に改築。伊藤博文の命名で,内部の家具も建築当初のものが多数残されています。
15 本願寺伝道院(京都市指定文化財)
所在地:京都市下京区東中筋通正面下ル紅葉町・
     同区油小路通正面下る玉本町

真宗信徒生命保険株式会社の社屋として,明治45年に東京帝国大学教授伊東忠太の設計により建築。塔屋の形態や柵柱の石造怪獣などに特徴があります。
16俵屋旅館(国登録有形文化財)
所在地:京都市中京区麩屋町通姉小路上る白山町

石州浜田の呉服問屋「俵屋」の京都店に,藩士が宿を求めるようになり,旅宿が本業になったとされています。現在残っているのは幕末元治の大火後に再建されたもので,瓦には明治8年の銘が刻まれています。洗練された数奇屋風建築で,庭も全客室から見えるように配置が工夫されています。
17 島津創業記念資料館南棟,北棟(国登録有形文化財)
所在地:京都市中京区西木屋町通二条下る西生洲町

島津製作所の創業者・島津源蔵の住宅兼研究所として,明治21年に南棟,27年に北棟が建てられました。伝統的な町家形式を基調としていますが,縦長の窓や細部意匠には洋風のデザインが取り入れられています。
18 旧並河靖之邸主屋,工房,窯場(国登録有形文化財)
所在地:京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町

明治の代表的な七宝作家・並河靖之の旧宅で,主屋,工房,窯場が一体となって残っています。明治26年建築の主屋は,通に面して町家の外観をとりますが,庭園に面しては総ガラス戸の近代和風の造りになっています。顧客に外国人が多かったため,座敷には椅子とテーブルが置かれ,雪見障子も椅子座の目線に合わせています。また,当初から洋式の水洗トイレが設置されていました。尚,庭園は小川治兵衛(7代目)の最初期の作品です。
19 京都大学本部構内正門[旧第三高等中学校正門] (国登録有形文化財)
所在地:京都市左京区吉田本町

第三高等中学校の正門として明治26年につくられたもので,京大吉田キャンパスの最初期の建造物です。設計は文部省技師の山口半六と久留正道。門柱は石面と擬石面とを交互に重ね,左右に石造の袖塀が付いています。
20 京都大学総合人間学部正門[旧第三高等学校正門]
(国登録有形文化財)
京都大学総合人間学部門衛所[旧第三高等学校門衛所]
(国登録有形文化財)
所在地:京都市左京区吉田二本松町

第三高等学校の正門,門番所として明治30年に建てられました。正門は礎石部分に木製の門柱を継ぎ,門扉はアーチをあしらった意匠です。門衛所は鉄板葺屋根の木造建築です。外壁をドイツ風の下見板張とし,受付部分の屋根を八角形にしているのが特徴です。ともに真水英夫の設計と伝えられています。
21 京都大学尊攘堂(国登録有形文化財)
所在地:京都市左京区吉田本町

子爵・品川弥次郎が吉田松陰の遺志を受け継いで自邸内に建てた堂舎が,明治33年に資料類とともに京都大学に寄付され,新築移転されたのが現在の建物です。様式の規範にとらわれない自由な細部意匠を用いています。
22 旧武徳殿(国指定重要文化財)
所在地:京都市左京区岡崎西天王町

平安遷都千百年記念に際して設立された大日本武徳会により,明治32年に建築された武道場です。設計は京都府技師だった松室重光。和風の外観ですが,洋式トラスを用いた構造です。中央の身舎部分を武道場に,周囲のもこし部分を観覧席に当て,北側には上段の玉座が設けられています。車寄の唐破風は,皇族用に増築されたものです。
23 旧二条駅舎(京都市指定有形文化財)
所在地:京都市下京区歓喜寺町

京都鉄道株式会社の本社屋及び二条駅舎として,明治37年に建築されました。創業者・田中源太郎が宇都宮駅舎を見て大変気に入り,モデルにしたとされています。 和風の外観としたことには,二条城を望む景観に配慮した結果でもありました。平成9年に移築され,梅小路蒸気機関車館の展示施設として活用されています。
24 旧柳原銀行(京都市登録有形文化財)
所在地:京都市下京区河原町通塩小路下る下之町

明治32年に柳原町(現崇仁地区)の産業育成を図るために,明石民蔵らによって設立された銀行で,明治40年の建築です。当初は河原町通塩小路の西南角に位置していたため,交差点に面して隅切りした外観をとっています。京都において現存最古の木造銀行建築です。平成9年に現在地に移築・復原修理され,柳原銀行記念資料館として活用されています。
25 旧京都市立有済小学校太鼓望楼(国登録有形文化財)

所在地 :東山区大和大路通三条下る東側大黒町
建築年代:明治9年(1876)・昭和27年移築

地域の火災等を半鐘で知らせる火の見櫓の機能と,太鼓を鳴らし地域への通信機能を果たすための施設で,明治9年に造られました。当初は木造2階建の有済小学校講堂の屋根に設けられていました。講堂取り壊しの際,鉄筋コンクリート造の校舎屋上に移築されました。木造2層で,屋根は宝形造となっています。地域の行政施設としての役割を担っていた旧番組小学校の面影を伝え,現在も地域のシンボルとなっています。平成17年2月,国の登録文化財に指定。市内に残る唯一の太鼓望楼で,学校に併設されており火事と時刻を知らせていたものは全国的にも唯一現存するものです。
26 パビリオンコート(旧山中合名会社美術館)
洋館,和館,門  (国登録有形文化財)

所在地 :東山区粟田口三条坊町
建築年代:洋館=大正9年(1920)
和館=明治37年(1904)
門=大正元年(1912)

古美術品商である山中合名会社の顧客向け迎賓施設・私設美術館として建てられました。
洋館は,設計は池村元之助,施工は清水組。構造は,壁面を煉瓦造,床面を鉄筋コンクリート造としています。折上格天井,古典主義的な円柱,東洋風の花鳥・獣の柱頭飾りレリーフ,卍崩し意匠の階段欄間など,洋風に日本、中国趣味などを混合させた内部意匠です。和館は,明治37年(1904)に本館(現存せず)と同時に建築された和風陳列館の一つを移築したもの。船肘木,菱型格子を用い,蟇股や獅子の欄間彫刻が施されるなど,寺院風の外観です。いずれも海外からの顧客を意識した意匠でつくられています。門は,江戸期に遡る部材など,複数の部材を組合せて造られています。現在,結婚式場,飲食店などとして活用されています。


洋館


洋館 1F内部



和館

27 平安女学院明治館(国登録有形文化財)

所在地 :上京区下立売通烏丸西入り五町目町
建築年代:明治28年(1895)〔落成〕

明治館は、1895(明治28)年にイギリス人ハンセルの設計により、平安女学院の教育施設として建設されました。わが国の近代建築史上きわめて価値の高い建築物であり、小さいながら風格をもった建物として評価されています。
建築の特徴は、アン王女様式とよばれる様式を採用していることです。この様式は、19世紀のイギリスで流行したもので、学校の校舎建築に好んで使われました。明治館は、当時のイギリスの学校建築をいち早く取り入れた点でも大変貴重な建物とされています。また、建物の隅に特別の形をした煉瓦を使うなど、煉瓦造りの技術も極めて本格的なものです。
明治館は建設当時、「本学教場」と呼ばれ、教室、職員室、事務室など学院全体の主たる機能を担っていました。ここでの教育がはじまった一年後には、すぐさまその近代教育が評判になり生徒数が増加しました。以来、平安女学院の建学の精神・歩みを示すシンボルとして、多くの人々の心のふるさととして存続しています。
(平安女学院資料・写真提供)
28 京都市学校歴史博物館(旧京都市立開智小学校)正門・石塀
(国登録有形文化財)

所在地 :下京区御幸町通仏光寺下る橘町
建築年代:正門=明治34年(1901)・大正7年(1918)
石塀=大正7年(1918)

学校歴史博物館は閉校した旧開智小学校の校舎を活用しています。正門は御幸町通に面して建つ木造の高麗門で,明治34年に建築されました。屋根は切妻造り,本瓦葺。南北に袖塀を付け,南側に潜戸を設けています。明治期における学校建築の面影を伝える門です。石塀は大正期の敷地拡張時に建設され,この時に正門も位置を移動されました。正門の南北に延び,門廻りの隅は円形に築かれています。京都白川石を用いて,間知石布積み形式に積んでいます。

正門


石塀
29 衣笠会館(国登録有形文化財)

所在地 :北区北野下白梅町
建築年代:明治38年頃(1905)

紡績会社・京都綿ネルの専務だった藤村岩次郎の自邸として建てられました。藤村は、この周辺に広大な土地を所有し、明治44年頃ごろ、衣笠園という住宅地を開発したことで知られています。設計は不詳。洋室の暖炉まわりのデザインなどは洗練されており,2階奥には伝統的意匠の和室が設けられています。市内では数少ない明治後期の煉瓦造の住宅建築です。
現在は、文部科学省所管・財団法人衣笠会 繊維研究所として使用されています。
京の近代建築 >> 明治時代の近代建築 >> 大正時代の近代建築 >> 昭和時代の近代建築

☆ホームページへ