のりもの−人力車・自転車・自動車−
江戸時代には、荷物を運ぶだけに利用されていた、車輪を使った「車輌」は、明治に入ると、人が乗るための車輌として「のりもの」が生み出されました。
その筆頭とでもいうべき人力車は、明治2(1869)年に東京の日本橋で料理屋をしていた和泉要助によって発明されました。以後全国で爆発的に流行し、京都でも明治35(1902)年には、人力車を曳く人力車夫は6、527人を数えました。
一世を風靡した人力車も、明治27(1894)年に市電が通り、また明治中期から自転車が普及していくにつれて徐々に影を薄めていきます。さらには、自動車の普及により、その傾向は決定的となり、花柳界界隈を除いて姿を消すことになりました。
狭い範囲に人口が集中し、かつ道幅が狭かった京都では、自転車は自家用、営業用ともにまたたく間に普及しました。明治30年代の前半からは国産の自転車も登場し、明治39(1906)年段階の京都の自転車数はすでに1、792台でありました。その25年後の昭和5(1930)年には91、878台となっており、驚くべきことに、総台数は東京の約9倍という多さでした。当然、大阪や名古屋と比べても総数は突出しており、 土地が平坦であることや、生活圏がヒューマンサイズである京都が、いかに自転車に適した自然条件と社会条件を備えていたかがわかります。

客をのせる人力車
客をのせる人力車(明治39(1906)4月以前・現円山公園)


  1. 也阿弥ホテル 明治12(1879)年に、安養寺塔頭の也阿弥ほかを洋風に改築して開業しました。京都で最初のホテル。
  2. 吉水温泉の塔 明治6(1873)年に金閣に模して建築されました。
  3. 露店に集まる人たち
  4. ベンチか
  5. 鳥打ち帽を被った少年 肩下げ鞄をかけています。脚にゲートルを巻く。ゲートルは日露戦争の時に陸軍が採用し、その後一般に普及しました。
  6. 日傘をさす人 西洋の蝙蝠傘を日傘がわりにするのは当時の風俗でした。
  7. 人力車夫 わらじを履く。
  8. 客 着物姿にソフト帽を被っています。
  9. 人力車 車輪は木製。鉄輪になってゴム製のタイヤとなるのは大正に入ってから。サスペッションの板(11)がみえます。
  10. 柵 木製の杭を並べる。柵内は芝生になっています。円山公園は大正3(1914)年に完成しますが、明治19(1886)年にはすでに公園地に指定されており、市民が集う場所でした。

明治のタクシ−  大型三輪車に乗る
明治のタクシ−
(明治末期・撮影場所不明)
明治末期に京都市内で車を運転しているところを撮影したもので、自動車を買い付けて、タクシ−会社を経営し始めた時のものであるようです。京都における乗合自動車は、明治36年(1903)年に始まりました。
  大型三輪車に乗る
(大正中期・下京区石井筒町)
こういった型の三輪車は、規格品ではなくおそらく手製の大人用三輪車と思われます。タイヤは、すでにチュ−ブ式のもののようにみえます。
三輪車で遊ぶ子供三輪車で遊ぶ子供(大正中期・四条西洞院付近)
三輪車の座席は、籘製。ハンドルは車同様円形のもので、チェ−ンではなく、ペダル式になっています。タイヤはゴム製のようですが、空気を入れるチュ−ブ式のものにはなっていません。
  市電から身を避ける新聞配達夫車市電から身を避ける新聞配達夫
(昭和30年代・撮影場所不明)
 
客待ちの人力車 客待ちの人力車(昭和33(1900)年頃・中京区大日町)
旅館前で撮影されたものです。人力車の座席は、ビロード張りのもののようで、腰をかけるところには羽毛が入っていたようです。人力車夫が手にしているのは、客の膝にかける膝掛けのようです。


映像に見る近代京都の生活文化 HOME PAGE