近代の名建築「京都ハリストス正教会」と「京都御幸町教会」を訪ねて 
                                        2014年1月20日実施      


 今回も多くの参加申し込みをいただきましたが,残念ながら見学人数の限定のため抽選により参加いただくことになりました。落選された皆さまにはお詫び申し上げます。はじめに「京都ハリストス正教会」では,及川 信司祭さまから当教会の歴史についてお話しいただき,聖堂の聖障など間近で見学しました。次に,「京都御幸町教会」に移動し当教会の難波 實牧師さまから歴史と建築についてのお話しと会堂のア−チ窓など建築の細部を興味深く見学されました。京都の近代の代表的な教会堂建築について,皆さん理解を深められました。

会員事業に参加された皆さんからのご感想(一部・敬称略)

●“正教会”の意味を初めて知り参考になりました。又,日本の宗教と同じ様に枝分かれの多い事を知り改めて宗教の複雑さを思い知りました。(篠原明)

●かねてより,一度訪れてみたいと考えていた「京都ハリストス正教会」,思っていた以上に質素な佇まいに逆に驚き驚きました。数年前ロシアで見た教会とは随分異なりますが,その差が宗教本来の在り方を考えさせるキッカケになり良かったと思います。(拝師暢彦) 

●二つの教会の司祭と牧師さんの分かりやすいお話,そして建築の見事さなど,大変充実しました。(堀江精一)

●大人になってから初めて教会の中に入らせて頂きました。二カ所の教会でこうも違うのかとびっくりしました。もっとほかの教会も見てみたくなりました。(匿名)

 




会員通信 


次に進む