「知恩院」文化財特別鑑賞 
                                       2013年10月12日実施      


 天候にも恵まれ当日は,103名の方々が参加されました。はじめに,ご案内のもとに通常拝観出来ない非公開の大方丈・小方丈,経蔵や現在修復中の国宝御影堂の工事現場などの文化財を特別鑑賞しました。つづいて,抹茶のご接待をいただき,総本山知恩院執事の中村康雄様から「知恩院と開祖法然上人」についてのお話しをお聞きしました。最後に,希望者の方のみで三門もご案内いただきました。当寺の手厚いご協力で充実した内容になりました。

会員事業に参加された皆さんからのご感想(一部・敬称略)

●御影堂の屋根裏は素晴らしいスペクタルでした。三百年以上も昔のテクノロジーが見事に現在まで引継がれ感動いたしました。(西久保嘉昭)

●大方丈,小方丈の中に入れる機会は大変貴重でした。これほどの大きなそして見事な方丈は他にはないかも知れませんね。(福田勇人)

●解体中の御影堂を見学できたのは大変しあわせでした。(匿名)

●御影堂の屋根には大きな柱が規則正しく並べられ,重い瓦を持ってみて,あらためてスゴさを実感しました。大切に皆様が信仰を持たれている強さを思いました。(匿名)

●御影堂修復工事現場の拝観は,圧巻でした。林立する柱,軒下に並べられた九万枚の瓦が伽藍の大きさを示していました。眼前にある野地板,その上に横たわるはね木が美しい屋根を造り上げているのかと思うとワクワクしてきました。前回の特別鑑賞「奥谷組」さんで教えていただいた「社寺建築」のことが役立ち理解が深まったと思います。最後に,お抹茶のおもてなしひと味違う鑑賞会でした。(拝師暢彦)

●知恩院の案内いただいた方の声がしっかりして歴史など織り交ぜての説明に感服しました。スタッフの方も時間にゆとりをもって全員が聞きもらすことのないようにご配慮が行き届いており,心豊かに楽しく拝観できました。特に,工事中の御影堂を目のあたりに見せていただき壮観に圧倒されました。知恩院は何度も訪れていますが,三門をこれほどゆったり拝観できたのは初めて。大方丈の襖絵も初めて拝見し美しさに目を奪われました。(山本昌夫・恭子)



クリックをすると画像拡大します


会員通信 


次に進む