会員事業を下記のとおり実施しますので、参加ご希望の方は、各内容によりお申し込み下さい。


事業
19001

京都五山送り火記念「扇子」を進呈




 京都五山送り火協賛会で毎年作製されます記念の「扇子」を今年も進呈いたします。京都の代表的な伝統行事であり、当財団では助成を行い、その保存執行に取り組んでいます。本年の扇子は、画家の吉岡佐知氏が描いた五山送り火の図柄になります。


●配布部数 若干数




□京の三大祭「「時代祭」行列観覧ご招待




事業
19002
京の三大祭観覧ご招待 「時代祭」行列観覧




 京都の秋を彩る時代祭行列が都大路にくりひろげられます。明治から平安時代までの日本の歴史絵巻の行列を、当財団の特設観覧席でごゆっくり観覧いただきます。

日  時  10月26日(土) 正午行列出発
       例年とは日程が異なりますのでご注意ください。

観覧場所 京都御苑内 当財団特設招待観覧席

申込定員 40名

※なお、本年の「葵祭」「祇園祭」いずれかを観覧された方は、申込対象外になりますのでご注意下さい。また、特別会員の方は、ご招待しますので申込みは不要です。特別寄附者の方は寄附日によっていずれかにご招待します。



□文化財特別鑑賞


事業
19003
京の文化財探訪 
初秋の「実相院」と「岩倉具視幽棲旧宅」を訪ねて




 実相院にて「床みどり」や狩野派の雄壮な襖絵を、岩倉具視幽棲旧宅では、維新の密議をこらしたといわれる「鄰雲軒」や「対岳文庫」にて関係資料を鑑賞します。案内は、「京都の文化財を守る会」ボランティア部の皆さんがいたします。


日  時 10月11日(金)・12日(土)
      10時〜17時(受付16時まで)

所在 京都市左京区岩倉上蔵町

参加費不要(ご招待)

共  催 京都の文化財を守る会

協  力 京都市、実相院、植彌加藤造園株式会社

※招待事業になりますので、申込みは不要です。会報送付時に同封しています当事業の参観証を現地受付にご持参下さい。
なお、当事業は、会員以外の同伴の方にも参加していただけます。ただし、参加料お一人実相院が500円、岩倉具視幽棲旧宅が300円必要です。現地受付でお申し出下さい。ぜひお誘いあわせの上、お越し下さい。




事業
19004
世界文化遺産「真言宗総本山 教王護国寺」
-東寺の名宝鑑賞-




 平安遷都に伴い王城鎮護を担う官寺として建立され、嵯峨天皇より弘法大師空海が賜り真言密教の根本道場として今に至る世界文化遺産「教王護国寺」を訪ねます。
  御影堂(大師堂)を中心に当寺の歴史と文化財について東寺文化財保護課長の新見康子氏にご講演いただきます。また、天竺様と和様を合わせた桃山時代の代表的折衷建築物である金堂、空海の作り上げた21体の諸仏から成る立体曼荼羅が広がる講堂、五重塔などの境内や塔頭観智院、宝物館にて文化財を鑑賞いたします。

日  時 11月9日(土) 9時45分
所在 京都市南区九条町
内  容 ・講演「東寺御影堂と弘法大師信仰」
講師:東寺文化財保護課長 新見 康子 氏
        
・境内見学(講堂・金堂・五重塔、観智院、宝物館)
自由見学
申込定員 50名
参加費不要  
協  力 真言宗総本山教王護国寺

事業
19005
会員事業限定缶バッジの進呈(バックナンバー)


これまでに実施しました会員事業「文化財特別鑑賞」において作成しています当財団オリジナル缶バッジを進呈いたします。

申込定員 30名

対象作品 1.「八坂神社」2.「真正極楽寺」3.「泉涌寺」 4.「知恩院」5.東本願寺名勝「渉成園」庭園 6.「大本山建仁寺」と「安井金毘羅宮」 7. 山吹の咲く「松尾大社」8.世界遺産「大本山天龍寺」と別院「臨川寺」 9.初冬の大原野を訪ねて「大原野神社」と「勝持寺」 10.初冬の大原「三千院門跡」

※上記よりお一人様につき3点までお選びいただけます。事業bニご希望の缶バッジ番号をご記入の上お申し込みください。


事業
19006
公益財団法人京都市文化観光資源保護財団設立50周年事業 
都の賑わい 祭 神人和楽のまつり 「祇園祭」
・「祇園祭創始」1150年
・「京都祇園祭の山鉾行事」重要無形民俗文化財指定40周年 
・「京都祇園祭の山鉾行事」ユネスコ無形文化遺産登録10周年  記念公演


 今年は、当財団が設立から50周年の大きな節目の年です。また、貞観11年(869)に疫病が流行した際に66本の矛を立て神泉苑に神輿を送って災厄除去を祈ったのがその始まりと言われる八坂神社の祭礼「祇園祭(祇園御霊会)」が今年で1150年をむかえ、「京都祇園祭の山鉾行事」が国の指定から40年、ユネスコの登録から10年の記念の年にあたります。当財団では、1969年12月設立以来、「京都祇園祭の山鉾行事」の執行、保存修理に対して支援を行ってきたものであり、財団設立50周年の記念事業として、同じく節目をむかえる祇園祭にちなんだ講演と郷土芸能の公開を行います。

日  時 12月15日(日) 13時30分〜16時(予定)
会  場 ロームシアター京都 サウスホール(左京区岡崎最勝寺町13)
内  容 記念講演  
「祇園祭の今昔とこれからの課題
講師:祇園祭山鉾連合会理事長 岸本 吉博 氏

実  演  祇園祭山鉾保存会による祇園囃子と祇園祭ゆかりの郷土芸能       
長刀鉾のお囃子と稚児舞 (公財)長刀鉾保存会
神輿を先導し悪霊を払う「剣鉾差し」 瀧尾神社昇龍会
都に蔓延する疫病を鎮める「やすらい花」 玄武やすらい踊保存会「祇園囃子」から「蜘蛛と獅子の対決」 壬生六斎念仏講中
申込定員 150組(300名) 一申込で2名参加できます
参加費不要  
主  催 公益財団法人京都市文化観光資源保護財団、京都市
共  催 八坂神社、公益財団法人祇園祭山鉾連合会
後  援 公益財団法人祇神会


 −お申込方法−

■申込方法
ご希望される方は、こちらの会員専用通信フォームからお申込み下さい。お申込みは、必ず事業bご入力下さい。

申込資格 会員本人様1名に限る

申込締切日 9月30日(水)必着

※上記の会員事業は、申込多数の場合は抽選とし、当選者の方のみご送付させていただきますので、ご了承下さい。

お問合せ
(公財)京都市文化観光資源保護財団事務局会員事業担当
TEL075-752-0235(平日9:00〜17:00)
FAX075-752-0236


 >会員専用サイトへ戻る