祭礼には囃子がつきものです。日本では古来より、重量のあるものを運搬する際には、囃子ではやしたてるのが通例でした。また、神霊を送迎するために、神霊のよりつくものをはやしたてる行為も一般的なものであったのです。作り物や仮装に趣向をこらし、踊り子自らが鞨鼓や大型枠付締め太鼓などの打ち物をうちならしながらおどるのを特色とする風流拍子物はその代表的なものであり、山・鉾・屋台の祭りの山・鉾・屋台もそれを原形としています。すなわち、作り物・山・鉾・屋台・仮装の者などは神霊のよりつく「はやされるもの」であり、それらがうごくのをはやす囃子は「はやすもの」といえます。京都祇園祭りの祇園囃子の源流もまた、そこにあります。
 「コンチキチン」と形容される京都祇園祭りの祇園囃子は、京都にすむ人々にとって、あるいはそれ以外の人々にとってさえも、夏の訪れを連想する音であり、京都を代表する音であるといってよいでしょう。そうであるがゆえに私達は、このあまりに有名な祇園囃子が、全国に伝播しているとおもいがちです。


 しかし、意外なことに、祇園囃子が直接つたわったとかんがえられるのは、京都府亀岡市の亀岡祭り、滋賀県大津市の大津祭り、三重県上野市の上野天神祭りの3ヶ所のみであり、ほとんどが京都の周辺地域に限られているのです(以下、京都祇園祭りの囃子が直接つたわったものを、「祇園囃子系統の囃子」とよぶことにします)。しかも、不思議なことに、全国に多数存在する祇園社には、祇園囃子系統の囃子がつたわっていません。これ程全国に様々な形で影響力をもってきた祭礼にもかかわらず、なぜ囃子だけが近隣の限られた地域にしか伝播しなかったのかというのは、大変興味深い問題です。
 ちなみに、全国に何百という単位で分布する山・鉾・屋台の祭りや、その他の民俗芸能においては、しばしば「祇園囃子」という題名をもつ曲があり、そのため京都祇園祭りの囃子がつたえられていると錯覚しがちです。
  しかし、それらは祇園囃子系統の囃子とはほとんど関連をもちません(もちろん、詳細に分析をすれば、旋律やリズムなどにそれらの片鱗をみいだすことは可能かもしれません)。おそらく、これらの「祇園囃子」は、京都祇園祭りを見聞した人々が、断片的にききおぼえてそれぞれの出身地にもちかえり、つたえたものとかんがえられます。その意味で、私はこれらを「イメージとしての祇園囃子」とよんでいます。
 一方、先程のべた3つの地域の囃子と京都祇園祭りの囃子は、楽器の種類・編成・奏法、曲目、口唱歌(楽器の音を言葉でいいあらわすもの)、譜本の表記法などがおどろく程共通しており、「イメージとしての祇園囃子」とは一線を画すものとなっています。さらに、鉦は小学生、太鼓は中学生、笛は成人男性が担当するといったような、年齢階梯的な性格をもつことや、さらには練習の後に鉦に水をはるといった事柄にまで共通点がみられます。こうしたことは、音楽的な面だけではなく、組織や伝承の方法、さらには習慣・作法といったものまでが、セットで受容されたことをものがたっています。これらの類似は決して偶然ではなく、長期にわたる、しかも組織的な習得過程がないと不可能とおもわれます。そして、以上の事や成立の年代から、3つの地域の囃子は、何らかの方法で京都祇園祭りの囃子を直接習得したものであり、その直系にあたるものだといえます。
 私は今までに、いわば分家筋にあたる、3つの地域の囃子の調査を順次おこなってきました。そして、現在、増田 雄氏(水口町役場総務課自治体史編纂調査員)と共に、いわば本家筋にあたる、京都祇園祭りの山・鉾・傘鉾の囃子を、毎年1ヶ所ずつ調査しています。意外なことに、全国的に有名な京都祇園祭りにおいても、その囃子に関しては従来まとまった調査研究はほとんどおこなわれてきませんでした。そこで、曲目・囃子の機会・伝承過程・囃子の基本構造などの、囃子に関する基本的な事柄を詳細に調査し、それらをつみあげていくことにしました。現在までに、長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・月鉾の調査をおこない、調査報告を作成しています。囃子を伝承しているすべての山・鉾・傘鉾を対象にするつもりですので、十数年がかりのプロジェクトになりそうです。まだまだ序の口ですので、まとまったことはいえない段階ですが、それでも当初の予想以上に、町による相違が大きいことがわかってきました。たとえばそれは、曲目、つなぎの囃子(フレーズ)の存在の仕方、譜本の表記法、次にはやす曲目を伝達する方法などにあらわれてきます。京都祇園祭りの囃子の特色はこれである、といったことは簡単にはいえそうもありません。調査すればする程、祇園囃子系統の囃子の奥の深さを実感させられます。
 ここで大事なことは、調査研究を統一されたフォーマット(たとえば調査項目やデータの提示方法)にしたがっておこなうことです。そうすることにより、系統だった比較ができ、山・鉾・傘鉾における囃子の共通点と相違点をはっきりとしめすことが可能になります。それだけではなく、先程来の3つの地域の囃子の調査研究も、同一のフォーマットでおこなっていますので、京都祇園祭りの調査が終了した段階で、それらとの比較も同じ土俵でおこなうことができることになります。そのことにより、京都の祇園祭りをはじめとしたそれぞれの地域の囃子の特殊性といったものもうかびあがってくるでしょうし、最終的には、祇園囃子系統の囃子の特質もみえてくることでしょう。その段階で、前述した、京都祇園祭りにおいて、なぜ囃子だけが近隣の限られた地域にしか伝播しなかったのかという疑問に対しての、何らかの解答がみつかるかもしれません。

(京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター助教授)