京都で庭園が作られたのは、延暦13年(794)の平安京造営以降と考えられて います。
 庭園自体は飛鳥時代以前から作られていますが、京都は三方を山に囲まれ、 湧水や川の水も豊富で、流れと池を中心とした庭園を作るには格好の地といえます。
 そのため、平安時代初期から、平安京内に神泉苑、淳和院、齋宮等の庭園が数多く 作られましたが、これらの庭園は寝殿の正面を中島のある池とし、流れ(遣水)から 池に水を流し込む寝殿造庭園といわれるもので、平安時代後期に至ると、鳥羽や伏見 といった平安京の近郊にも作られていくようになりました。
 こうして多くの庭園が作られれると、作庭の手法も確立していき、平安時代末期に は、日本最古の作庭秘伝書といわれる「作庭記」が著されました。
 この「作庭記」には、庭園の構成(地割)から、石組、滝や遣水の作り方、植裁等 の様々な技法について記載されており、枯山水、遣水といった言葉は今でも使われて います。
 また、平安時代中期以降、仏教が広がるとともに、末法思想が広まり、庭園を極楽 浄土に模した浄土式庭園が誕生します。
 浄土式庭園の構成は、基本的に寝殿造庭園と大差はありませんが、寝殿ではなく、 阿弥陀堂等の寺院建築が建てられるようになりました。
 この浄土庭園は、京都を皮切りに日本各地で作られるようになり、岩手県平泉の毛 越寺(もうつじ)等、作庭技術は全国に普及していきました。
  また、寝殿造庭園は貴族の邸宅として作られましたが、鎌倉時代には、武家の邸宅 である書院に庭園が作られるようになります。これを書院式庭園とも言います。庭園は やや小さくなり、作りも簡素となっていきますが、基本的には浄土式庭園に近い形態 が引き継がれています。
 こうした傾向は、室町時代にも引き継がれ、西芳寺(苔寺)や天龍寺や、金閣・銀 閣で名高い鹿苑寺・慈照寺等が作られていきました。
 こうして庭園が作られていく中で室町時代を代表する作庭家として夢窓国師があげられます。夢窓国師以前の庭園は、自然の風景を模していたとはいえ、地形的な変化はやや少なく、池の護岸等も比較的単調なものでした。しかし夢窓国師は、自然の一部の景色を組み合わせて庭園を構築し、地形的な変 化をもたせる残山剰水と呼ばれる技法を用いて、多様な景観を持つ庭園を多く作りま した。これは当時としては画期的な手法で、その後の作庭手法に大きな変化をもたら しました。
  また、室町時代には、禅宗の普及とともに、枯山水庭園が作られるようになります。 それまでは庭園の一部として作られていた枯山水が、独立した庭園としての地位を確 立しました。
 そして、桃山時代の到来とともに庭園に大きな影響を与えたものに茶道があげられ ます。茶道が確立し、茶の湯をたしなむ場として茶室、茶庭(露地)が作られ、武士 だけではなく、庶民の間にも普及していきました。
 また、江戸時代になり、世の中が治まっていくに連れ、大名やその家臣達が主君を 迎えるために庭園を作るようになります。これを大名式庭園ともいいますが、広大な 敷地に茶室や枯山水等を取り入れ、庭園の中を回遊して鑑賞することを主眼とした庭 であるため、様式としては廻遊式庭園と呼ばれます。
  また,京都では,武家以外の庭園として,京都御所,桂離宮の他,京都御苑内の拾翠亭(旧九条家)等の天皇家や公家の庭園も作られ,今に残っています。
  江戸時代の作庭家として名高いのは小堀遠州です。遠州は江戸幕府の作事奉行として各地の作庭に関与し、京都では、二条城二之丸庭園、金地院庭園等、多くの作庭に関りました。デザインも巧みで、斬新な意匠や借景をうまく取り入れた作庭を行いました。
 そして、明治時代に入り、海外の造園技術が導入されると,西洋風の幾何学的なデザインの庭園・公園も作られるようになりますが、そうして中で京都を中心に活躍した作庭家が植治(小川治兵衛)です。
  植治は、巧みに水の流れを演出し、それまでの作庭手法に加え、芝生の広場や、サツキ等の低木を群植を多用する独特の手法によって、多くの作庭を手掛け、まずは平安神宮神苑や無鄰庵を皮切りに、對龍山荘等、南禅寺界わいで数多くの作庭を行うとともに、明治から昭和初期に全国的な作庭活動を展開していきました。
 特に南禅寺界わいでは、松が多く生えていた東山を背景に、松や楓等を用い、東山と一体となった庭園となるよう工夫されています。
 このように、古代から様々に作られてきた庭園は、時代が古いとか、デザインに特徴があるということだけでなく、当時の造園技術・技法の水準を窺うことができる生きた資料としても貴重であり、その多くが文化財や公園として指定・保存されて現在に至っています。

(京都市文化市民局文化部文化財保護課技師)