これまで歴史的建造物を保存することは開発と保存の対立関係の中で捉えられてきました。これは、保存が社会効率やコストの増大を招くものと考えられたためで、歴史的建造物は、一部の価値の高いものを仕方なく保存し、それ以外の大部分は取り壊されることが容認されてきました。そして、その「ごく一部」を保存することが、文化財保護行政として位 置付けられてしまったと言えます。よって、これまでの歴史的建造物の保存・活用は、建物を凍結的に保存し、資料館的に利用することが一般 的でした。
 近年、こうした優品の保存と資料館的活用という保存の在り方に、変化が見られます。その一つは、歴史的建造物の店舗(=商業財)としての活用です。これは歴史的な建造物が商業財として充分機能し、そして新しい建物以上に商業活動に付加価値を与える能力を持つことが認知されてきたことを意味しています。特に、町家の伝統的な空間を現代的に読み替える試みなどが増えています。京都では、歴史的建造物の維持を、老舗のステータスとすることが歴史的に行われてきたわけで、その再認識ともいえます。
 次に、行政ではなく、市民や民間による保存・活用の試みが増えていることです。京都には、歴史的建造物の保存・活用に取り組んでいる市民団体が驚くほど多くあります。
  特に、「京町家再生研究会」「古材バンクの会」「木の文化研究会」など、建築家や専門家を含んだNPO組織もあり、調査や設計監理業務、古材の保管・流通 など、実践的で専門性の高い活動を行っています。この背景には、町家の特別 公開事業が盛況なように、一般の人々の歴史的建造物に対する関心の高まりがあり、歴史的建造物が、文化財としてだけではなく、住空間・都市空間の重要な要素として認識されつつあることがあると思われます。

もう一つには、比較的新しいため、歴史的であると認識されていなかった近代建築の保存が真剣に考えられるようになったことです。京都は近代建築の花開いた地であり、戦災を逃れたため多くの近代建築が残されています。その保存についても、外壁のみを保存した「中京郵便局」や、建物の一部分のみを残した「日本生命京都ビル」、「京都三井ビル」など、全国でも先駆的な試みがこれまでもなされてきました。しかし、こうした事例には成功した例もある一方、多くは取り壊しのアリバイ作りに利用されてきました。これに対して、近代建築の価値を認め全体的な保存を求めることが市民レベルでも定着し、実際の保存・活用事例でも、「SACRA[旧不動貯金銀行京都支店]」、「旧中央電話局上分局」、「旧毎日新聞京都支局」など、「本物」を残しながら、異なる用途に活用する試みが見られます。活用されている近代建築の保護を一つの目的として、平成8年度より国の文化財登録制度も発足しています。今後、近代の産業遺産や邸宅建築など、異なる用途での活用が難しい建物の保存・活用手法の開発が望まれます。
 「伝統の文化を守る」という言葉には、非常に難しい問いが含まれています。伝統や文化は、時代と共に壊され、創造され、蓄積されてきたものであり、支配のための制度や、人々の日常生活の中で育まれた工夫など、様々な習慣や技術の総体です。これらの中から「何を」「何のために」伝えていくかを考えることが重要だと思われます。歴史的建造物の保存も、その一つの手段であり、それは歴史的空間を伝統的な生活の器としてだけではなく、新たな可能性をもつ空間としても捉えることです。歴史的建造物の保存の意味の一つは、歴史的で多様な空間を都市の記憶として残すことであり、それが結果 として「京都らしさ」をつくります。都市の記憶としての空間は、文化財的保存だけではなく、様々なレベルでの保存・活用の試みによって可能となり、その根本にあるのは、「本物」を残すということではないでしょうか。

(京都市文化市民局文化部文化財保護課技師)