京都の文化財の保存と継承のためには、広く国民ひとりひとりの文化財に対する深い関心と理解が必要です。

 当財団では、様々な普及啓発事業をおこない文化財の愛護思想の普及向上につとめ、京都の文化財を守るための協力を呼びかけています。

主な普及啓発

◇文化観光資源に関する印刷物の発行

刊行物
京の文化財カレンダー 刊行物

◇文化観光資源公開事業の実施

刊行物 刊行物 刊行物
非公開文化財の特別公開 京の郷土芸能まつり 文化財企画展

◇インターネットによる国内外への情報発信

◇伝統行事芸能功労者に対する表彰

◇文化観光資源保護関係団体などがおこなう各種事業の後援

◇報道機関による啓発活動の積極的推進







平成30年度

伝統行事・芸能功労者を表彰。(2019.2.22)

京都の伝統行事・芸能の保存と継承に功績(原則として10年以上,年齢45歳以上)のあった功労者を表彰する制度で,昭和45年度より京都市とともに行っています。

平成30年度は,下記の14名の方々を選考し,2月22日に表彰式を行いました。

功労者1
功労者2

 



伝統行事・芸能功労者

被表彰者(順不同・敬称略)

氏名
年齢
住所

名称
団体名(保存会)


功    績



岡本正明おかもとまさあき

56歳

京都市
右京区

ただすもり流鏑馬やぶさめ

ただすもり流鏑馬神事等
保存会やぶさめしんじとうほぞんかい

 2004年より当行事に携わり,以来今日までおよそ14年間にわたり従事し,これまで行事の執行や従事者,観覧者の安全管理,馬の手配などに取り組んでこられた。
  また,当会の理事の役職を務めてこられ,自らも練習に参加するなど貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,糺の森流鏑馬の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である



上田勲うえだいさお

77歳

京都市
上京区

西にし京瑞饋神輿きょうずいきみこし

西にし京瑞饋神輿保存会きょうずいきみこしほぞんかい

 1997年に当行事に携わり,以来今日までおよそ21年間にわたり従事し,これまで神輿の飾り細工の製作や巡行の衣装の準備などに取り組んでこられた。
  また,当会の理事,監事の役職を務めてこられ,行事の運営や執行に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,西ノ京瑞饋神輿の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



萬徳益男まんとくますお

84歳

京都市
北区

上賀茂かみがもさんやれ

上賀茂かみがもさんやれ保存会連絡協議会ほぞんかいれんらくきょうぎかい

 幼少期の頃より当行事に携わり,その後1974年に中大路町さんやれ保存会会長を務め,以来今日まで長年にわたり従事し,これまで取り組んでこられた。
  また,当会の会長など役職を務めてこられ,現在も顧問として行事の執行に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,上賀茂さんやれの保存と継承に努めてこられた功績は顕著である



熊谷昇くまがいのぼる

68歳

京都市
伏見区

三栖みす炬火祭きょかさい

三栖みす炬火会きょかかい

 1988年の当保存会の設立時より当行事に携わり,以来今日までおよそ30年間にわたり従事し,これまで取り組んでこられた。
  また,当会の副会長や奉賛会長の役職を務めてこられ,行事の執行や広報活動に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
長年にわたり,三栖の炬火祭の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



木下龍美きのしたたつみ

80歳

京都市
山科区

小山こやまやまかみ

小山二こやまにこう

 2002年より当行事に携わり,以来今日までおよそ16年間にわたり従事し,これまで行事に必要な資材の調達や製作,執行に取り組んでこられた。
  また,行事の伝統のしきたりについて助言,指導を行うなど貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,小山の山の神の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



亀浦睦久かめうらよしひさ

57歳

京都市
伏見区

御香宮祭礼獅々ごこうぐうさいれいしし

御香宮獅子若会ごこうぐうししわかかい

 幼少期の頃より当行事に携わり,以来今日まで長年にわたり従事し,これまで取り組んでこられた。
  また,当会の役職を務めてこられ,現在も団長として行事の執行に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,御香宮祭礼獅々の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



平田光子ひらたみつこ

70歳

京都市
中京区

壬生狂言みぶきょうげん


壬生大念仏講みぶだいねんぶっこう

 2004年に当講に入講し,以来今日までおよそ14年間にわたり従事し,これまで衣装方として出演者の着付けに取り組んでこられた。
  また,現在も衣装方のリーダーとして公開に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,壬生狂言の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



山口章司やまぐちしょうじ

62歳

京都市
南区

京都きょうと六斎念仏ろくさいねんぶつ


久世六斎保存会くぜろくさいほぞんかい

 1966年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ52年間にわたり従事し,これまで太鼓や笛,獅子などの技術を修得し,取り組んでこられた。
  また,当会の会長を務めてこられ,定例公開や地元小学校において子供たちに当芸能を教えるなど貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,久世六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。

 



橋本雅文はしもとまさふみ

65歳

京都府
相楽郡

京都きょうと六斎念仏ろくさいねんぶつ


京都中堂寺六斎会きょうとちゅうどうじどくさいかい

 1960年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ58年間にわたり従事し,これまで太鼓や鉦,笛の技術を修得し,取り組んでこられた。
  また,現在も公開に出演し,英文パンフレットの作成や子供六斎教室の指導など貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,中堂寺六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



吉田和弘よしだかずひろ
52歳
京都市
中京区

京都きょうと六斎念仏ろくさいねんぶつ

壬生六斎念仏講中みぶろくさいねんぶつこうちゅう

 1987年に当講に入講し,以来今日までおよそ31年間にわたり従事し,これまで笛や太鼓,獅子舞の技術を修得し,取り組んでこられた。
  また,現在は当会の中堅として公開に率先して出演するなど貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,壬生六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



嶋田優次しまだゆうじ

56歳

京都市
南区

京都きょうと六斎念仏ろくさいねんぶつ

六斎念仏上鳥羽橋上鉦講中ろくさいねんぶつかみとばはしかみかねこうちゅう

 1991年に当講に入講し,以来今日までおよそ27年間にわたり従事し,これまで念仏や鉦,太鼓の技術を修得し,取り組んでこられた。
  また,定例公開では中心となって貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。 長年にわたり,上鳥羽六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



川端真奈美かわばたまなみ

71歳

京都市
左京区

八瀬赦免地踊やせしゃめんちおどり

八瀬郷土文化保存会やせきょうどぶんかほぞんかい

 1989年より当芸能に参加し,以来今日までおよそ29年間にわたり従事し,これまで踊りの指導に取り組んでこられた。
  また,衣装や小道具類の保存に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,八瀬赦免地踊の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



藤井祥子ふじいよしこ

72歳
京都市
北区

上賀茂紅葉音頭かもがわもみじおんど

上賀茂紅葉音頭保存会かみがももみじおんどほぞんかい

 1998年頃より当芸能に参加し,以来今日までおよそ20年間にわたり従事し,これまで取り組んでこられた。
  また,当会の副会長を務めてこられ,定例公開や踊りの指導に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,上賀茂紅葉音頭の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。

 



二股美恵子ふたまたみえこ

83歳

京都市
左京区

上高野念仏供養踊かみたかのねんぶつくようおどり

上高野念佛供養踊保存会かみたかのねんぶつくようほぞんかい

 1989年に当芸能に参加し,以来今日までおよそ29年間にわたり従事し,これまで踊りや唄を修得し,取り組んでこられた。
  また,当芸能の古記録の収集や地元小学校において児童に当芸能を教えるなど貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,上高野念仏供養踊の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。

 


年齢は,平成31年2月22日現在。敬称略