京都の文化財の保存と継承のためには、広く国民ひとりひとりの文化財に対する深い関心と理解が必要です。

 当財団では、様々な普及啓発事業をおこない文化財の愛護思想の普及向上につとめ、京都の文化財を守るための協力を呼びかけています。

主な普及啓発

◇文化観光資源に関する印刷物の発行

刊行物
京の文化財カレンダー 刊行物

◇文化観光資源公開事業の実施

刊行物 刊行物 刊行物
非公開文化財の特別公開 京の郷土芸能まつり 文化財企画展

◇インターネットによる国内外への情報発信

◇伝統行事芸能功労者に対する表彰

◇文化観光資源保護関係団体などがおこなう各種事業の後援

◇報道機関による啓発活動の積極的推進







平成29年度

伝統行事・芸能功労者を表彰しました。(2018.2.27)

京都の伝統行事・芸能の保存と継承に功績(原則として10年以上,年齢45歳以上)のあった功労者を表彰する制度で,昭和45年度より京都市とともに行っています。

平成29年度は,下記の9名の方々を選考し,2月27日に表彰式を行いました。








伝統行事・芸能功労者

被表彰者(順不同・敬称略)


氏名
年齢
住所


団体名(保存会)


功    績



中村桂介なかむらけいすけ

64歳

京都市
下京区

桂川舟渡かつらがわふなわた保存会ほぞんかい

 幼少の頃より当行事に参加し,1983年にそれまで途絶えていた行事の復活に青年会長として尽力し,以来今日までおよそ35年間にわたり取り組んでこられた。
  また,構成団体の神輿会の会長として祭りの運営にも貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,松尾祭桂川舟渡御の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



宮田勝行みやたかつゆき

45歳

京都市
下京区

千本せんぼんゑんまどう
大念佛狂言保存会だいねんぶつきょうげんほぞんかい

 1981年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ37年間にわたり従事し,これまで演技の修得に努め,公演には欠かさず参加し取り組んでこられた。
  また,当保存会の副会長として会の運営に貢献し,小学生に参加を呼びかけ,指導するなど後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,千本ゑんま堂大念佛狂言の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



小西和子こにしかずこ

77歳

京都市
右京区

嵯峨大念仏狂言保存会さがだいねんぶつきょうげんほぞんかい

 1980年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ38年間にわたり従事し,これまで演者の衣装の着付けの修得に努め,衣装の管理や修理保存の責任者として,取り組んでこられた。
  また,当芸能の公開や運営にも貢献し,小学生や新人に着付けを指導するなど後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,嵯峨大念仏狂言の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である



北村覚きたむらさとる

61歳

京都市
右京区

嵯峨野六斎念仏保存会さがのろくさいねんぶつほぞんかい

 1980年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ38年間にわたり従事し,これまで笛,太鼓,演技の修得に努め,公開にも積極的に取り組んでこられた。
  また,会長の役職も務め,会の運営にも貢献し,入会間もない子供の指導を行うなど後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,嵯峨野六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



吉田慶治よしだけいじ

64歳

京都市
北区

西方寺六斎念仏保存会さいほうじろくさいねんぶつほぞんかい

 1971年に当保存会に入会し,以来今日までおよそ47年間にわたり従事し,これまで太鼓の修得に努め,太鼓の主要な役を担い取り組んでこられた。
  また,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,西方寺六斎念仏の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



田中敏雄たなかとしお

79歳

京都市
北区

川上かわかみやすらい踊保存会おどりほぞんかい

 1957年より当保存会に入会し,以来今日までおよそ61年間にわたり従事し,これまで囃子などの修得に努め,公開にも取り組んでこられた。
  現在は,総代として会の運営や祭りの執行に貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,川上やすらい花の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



北波伸一きたばしんいち

50歳

京都市
北区

上賀茂かみがもやすらい踊保存会おどりほぞんかい

 小学生の頃より当芸能に参加し,以来今日まで長年にわたり従事し,1990年より鬼役,囃子などの修得に努め,これまで取り組んでこられた。
  また,笛方の指導者として,児童を指導するなど後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,上賀茂やすらい花の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



前田久直まえだひさなお

54歳

京都市
左京区

北白川伝統文化保存会きたしらかわでんとうぶんかほぞんかい

 2004年に当保存会に入会し、以来今日までおよそ14年間にわたり当芸能に従事し,これまで踊りの修得に努め,公開では中心となって取り組んでこられた。
  また,地元の人々に踊りの指導を行うなど後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,鉄仙流白川踊の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。



中島静子なかじましずこ

75歳

京都市
左京区

修学院紅葉音頭保存会しゅうがくいんもみじおんどほぞんかい

 1967年より当保存会に入会し,以来今日までおよそ51年間にわたり従事し,これまで踊りや音頭を修得し,取り組んでこられた。
  また,男性の音頭取りが少ないなか,女性の音頭取りの代表として貢献し,後継者の指導育成にも力を注がれている。
  長年にわたり,修学院大日踊・紅葉音頭の保存と継承に努めてこられた功績は顕著である。